2007年06月19日

・こんな風に楽しんでくださいな(インテリア編!)

CA250116.jpg

「華・源氏香」の手ぬぐい、どんな風に使ってますか?

「無地の手ぬぐいって、どう使ったらいいのか分からない。」

「お台所に使うには、もったいない!」というお声を、お客様から

いただきました!(うん。うん。正直ですね!私、まだ源氏香の手ぬぐいの

楽しみ方、書いてなかったですもの・・・。ゴメンナサイ。近いうちに更新します。)

そこで、ちょこちょこと、このブログでご紹介させていただこうかと思います。

写真は、私の仕事部屋。

「紅椿」の真紅の手ぬぐいを壁からタペストリーとして、飾っています。

右のランプは、お気に入りの「鈴蘭」のシルエットが美しいランプ。

こうやって、優しい光を当ててあげると、お部屋の雰囲気が

とっても表情豊かになるんですよ。

手ぬぐいのお色を楽しむ方法の1つです。

昼の光ははっきりとした赤いお色に。

そして、夜ランプで照らしてあげると、緩やかな黄色の光がまざって、

レトロな雰囲気に・・・。

(額に入れて飾るのもよいのですが、こうしてインテリアとしてランプの傍に

飾ってあげたいときは、ガラスが光を跳ね返してしまうので

そのままの状態で飾るのをおすすめします。)

日中楽しみたいときは、額に入れて飾っても素敵になりますよ!

お気に入りのお色を、飾って、

ちょっぴりレトロモダンの世界を味わってみる。

疲れたときに、ゆっくりと眺めるのもよし。

そんな優しい時間を、楽しんでみてはいかが?

優しい色に囲まれていると、いつもとちがって、優しい気分に。

投稿者 satomi.k : 11:15