2010年04月07日

・注ぎ染め職人さんに会いに、奈良・大阪へ⑤最終回─(立干し工程)

2.jpg

高い天井から、一直線につりさげられているのは、

先程洗い終わった、手ぬぐいの生地たち。

染め上げられた一本一本が、このように釣り下げられ自然乾燥させられます。

色とりどりの鮮やかな手ぬぐい生地が一斉に干されている姿は、

まるで七夕のよう(*^_^*)

眺めているこちらまで、圧倒されてしまいます。

そして、この生地ひとつひとつが、

職人さんの手仕事で作られていることに改めて驚かされます。

この乾燥の工程は「立干し(たてほし)」と呼ばれています。

IMG_5258.jpg

この後、乾燥した生地は、「整理」という工程に回され、

しわを綺麗に取り除かれ、さらに

普段私たちが目にする、手ぬぐい1本の長さに、カットされてゆきます。

注ぎ染めの手ぬぐいは、

「糊置き」→「そそぎ染め」→「水洗い」→「立干し」→「整理」という

工程を経て、丁寧に染め上げられています。






今回の奈良・大阪出張は、職人さんと直接お会いして、

日本ならではの「注ぎ染めを、未来に伝えていきたい」という

強い思い。そして、仕事へのこだわり。

たくさんお話をお伺いすることが出来ました。

わたしも、注ぎ染め手ぬぐいの魅力をお伝えしてゆけるように、

頑張っていきたい!そう、強く思った、大阪への旅でした。

hikouki.jpg

(なんとも綺麗な夕焼けを背に、大阪を後にしました~^^)

これにて今回の「注ぎ染め職人さんに会いに、奈良・大阪へ」は

最終回です。

最後までお読みくださいましてありがとうございました!

※注ぎ染め工程見学&取材にご協力頂きました、

㈱ナカニ 伝統工芸士の中尾雄二さんありがとうございました。

結婚・出産・年祝いに、記念に残る和手ぬぐいを製作いたします!

記念日の名入れ製作は、製作実績7000点以上の
「DESIGN 和手ぬぐいの店 ありすや」におまかせください!

手ぬぐいが、みなさまの毎日に、
うれしい彩りを添えてくれますように~!

投稿者 satomi.k : 11:32 | コメント (0)

2010年04月01日

・注ぎ染め職人さんに会いに、奈良・大阪へ④─(水洗い工程)

20100401.jpg

注ぎ染めの工程が終わると、

手ぬぐいの生地は、「水洗い」の工程へ。

染め上げられた手ぬぐい生地は、糊と余分な染料を

落とすために丁寧に水洗いされます。

職人さんが、手ぬぐい生地の端を持ち、

リズミカルに水の上を行き来させる度に、

余分な染料と防染糊が洗い落とされてゆきます。

(このとき、生地はまだカットされずに繋がったままです。)

何度も繰り返し繰り返し、きれいになるまで洗われる水洗い。

この水洗いの工程は、「浜」(はま)とよばれています。


工場を見学させて頂いていると、

どの工程にも、そこには、必ず職人さんの姿があり、

その姿は、まさにチームプレーそのもの(^^)

工程から工程へと、バトンをつなぐかのように

注ぎ染めの手ぬぐいは、

一工程、一工程、職人さんの手を通して丁寧に作り上げられてゆきます。

⑤へつづく・・・

結婚・出産・年祝いに、記念に残る和手ぬぐいを製作いたします!

記念日の名入れ製作は、製作実績7000点以上の
「DESIGN 和手ぬぐいの店 ありすや」におまかせください!

手ぬぐいが、みなさまの毎日に、
うれしい彩りを添えてくれますように~!

投稿者 satomi.k : 14:45 | コメント (0)

2010年02月13日

・注ぎ染め職人さんに会いに、奈良・大阪へ③─(そそぎ染め工程)

sosogi1.jpg

いよいよ、染めの工程です。(^^)

先程、糊を置いて交互にたたみ重ねた生地を、

注染台の上に置き、染料を注いでゆきます。

写真は、差し分け染めといって、

柄の色ごとに、糊で土手をつくって、ひと色ひと色

専用のやかんで、色を注いでゆきます。

注がれた染料は、下からコンプレッサーで吸引され、

たたみ重ねられた生地の上から下まで、まんべんなく染料が通り

染み込んでゆきます。

(生地の中の糸、一本一本に、色が染められていくイメージです)

注ぎ染めの手ぬぐいの大きな特徴のひとつ。裏表がなく、

深い色の味わいが楽しめるのは、

このようにして、染められているからなんです!

④につづく・・・ )

結婚・出産・年祝いに、記念に残る和手ぬぐいを製作いたします!

記念日の名入れ製作は、製作実績7000点以上の
「DESIGN 和手ぬぐいの店 ありすや」におまかせください!

手ぬぐいが、みなさまの毎日に、
うれしい彩りを添えてくれますように~!

投稿者 satomi.k : 11:41 | コメント (0)

2010年01月31日

・注ぎ染め職人さんに会いに、奈良・大阪へ②─(糊置き工程)

4.jpg

写真は、のり置きの工程です。

(職人さんが、防染のりを置くために、生地を折りたたみながら

広げているところです。)

5.jpg

広げた晒生地の上に、型を乗せて、その上からヘラで

のりを置いていきます。

型は、ちょうど手ぬぐい1枚分のサイズ(約90cm×35cm)に作られていて

「のりを置く→生地をたたみ重ねる→のりを置く・・・」と、

繰り返し行われます(^^)

ムラなく、均等にのりをおいていくのは熟練した経験が必要なのだそうです。

のりの濃度(ねばりけ)も、職人さんお一人一人が、柄の細かさや、

自分のやり方に合わせて、自ら調整しておられるとのこと。

一定のリズムを刻むように、左右に体重を移動しながら

スピーディーかつ丁寧に、のりが置かれていきます。

③につづく・・・ )

結婚・出産・年祝いに、記念に残る和手ぬぐいを製作いたします!

記念日の名入れ製作は、製作実績7000点以上の
「DESIGN 和手ぬぐいの店 ありすや」におまかせください!

手ぬぐいが、みなさまの毎日に、
うれしい彩りを添えてくれますように~!

投稿者 satomi.k : 21:35 | コメント (0)

2010年01月11日

・注ぎ染め職人さんに会いに、奈良・大阪へ①─(毛穴町へ)

新年、明けましておめでとうございます!
本年も ありすやを どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

新年あけて、すぐに
1月6日~9日まで、注ぎ染め職人さんに会いに、
奈良、大阪へと出かけてまいりました!

kamaisi.jpg

2010年1月6日
(岩手)釜石→新花巻間を、雪の中、快速列車に揺られながら移動開始。
新花巻までは、2時間ないぐらいです~(^^)

hanamaki_1.jpg

出発時の「いわて花巻空港」は、結構な雪模様でした!
飛行機が飛ぶかな~とちょっぴり心配でしたが、
問題なく飛んでくれて大阪へ!(やったー!)
約70分で、岩手から大阪伊丹空港に到着いたしました。

tennouji.jpg

空港から、リムジンバスで大阪「天王寺」へ!

ootori.jpg

関西注ぎ染めの工場が集まる、毛穴町へ。(写真は鳳駅)
ここ毛穴町には昔ながらの染工場、晒工場が集まっており、
現在でも、伝統の注ぎ染めという手法で、ゆかた・手ぬぐいが
職人さんの手仕事によって丁寧に染め上げられています。

1.jpg

写真は、㈱ナカニの社長さんであり 伝統工芸士の中尾雄二さんです!

注ぎ染めの工程一つ一つを丁寧に説明しながら、工場内を案内していただきました。

②につづく・・・

結婚・出産・年祝いに、記念に残る和手ぬぐいを製作いたします!

記念日の名入れ製作は、製作実績7000点以上の
「DESIGN 和手ぬぐいの店 ありすや」におまかせください!

手ぬぐいが、みなさまの毎日に、
うれしい彩りを添えてくれますように~!

投稿者 satomi.k : 17:12 | コメント (0)