« ・注ぎ染め職人さんに会いに、奈良・大阪へ④─(水洗い工程) | メイン | ・東京は、春蘭漫!(東京出張) »

2010年04月07日

・注ぎ染め職人さんに会いに、奈良・大阪へ⑤最終回─(立干し工程)

2.jpg

高い天井から、一直線につりさげられているのは、

先程洗い終わった、手ぬぐいの生地たち。

染め上げられた一本一本が、このように釣り下げられ自然乾燥させられます。

色とりどりの鮮やかな手ぬぐい生地が一斉に干されている姿は、

まるで七夕のよう(*^_^*)

眺めているこちらまで、圧倒されてしまいます。

そして、この生地ひとつひとつが、

職人さんの手仕事で作られていることに改めて驚かされます。

この乾燥の工程は「立干し(たてほし)」と呼ばれています。

IMG_5258.jpg

この後、乾燥した生地は、「整理」という工程に回され、

しわを綺麗に取り除かれ、さらに

普段私たちが目にする、手ぬぐい1本の長さに、カットされてゆきます。

注ぎ染めの手ぬぐいは、

「糊置き」→「そそぎ染め」→「水洗い」→「立干し」→「整理」という

工程を経て、丁寧に染め上げられています。






今回の奈良・大阪出張は、職人さんと直接お会いして、

日本ならではの「注ぎ染めを、未来に伝えていきたい」という

強い思い。そして、仕事へのこだわり。

たくさんお話をお伺いすることが出来ました。

わたしも、注ぎ染め手ぬぐいの魅力をお伝えしてゆけるように、

頑張っていきたい!そう、強く思った、大阪への旅でした。

hikouki.jpg

(なんとも綺麗な夕焼けを背に、大阪を後にしました~^^)

これにて今回の「注ぎ染め職人さんに会いに、奈良・大阪へ」は

最終回です。

最後までお読みくださいましてありがとうございました!

※注ぎ染め工程見学&取材にご協力頂きました、

㈱ナカニ 伝統工芸士の中尾雄二さんありがとうございました。

結婚・出産・年祝いに、記念に残る和手ぬぐいを製作いたします!

記念日の名入れ製作は、製作実績7000点以上の
「DESIGN 和手ぬぐいの店 ありすや」におまかせください!

手ぬぐいが、みなさまの毎日に、
うれしい彩りを添えてくれますように~!

投稿者 satomi.k : 2010年04月07日 11:32

 


この記事の感想。

 


ぜひ、感想をひとこと♪




保存しますか?

コメントは承認制となっておりますのですぐには表示されません。
      表示までしばらくお待ちくださいませ。